何度も説明会に参加している最大の上円下方墳・山王塚古墳へ行くたびにニアミスして歯嚙みしている牛塚古墳と、その周辺の古墳を見に行ってきました。

川越市・古谷古墳
忘れていたが、以前行った場所だった。説明版には「古墳と確定できない」と書かれている。
d0355894_21284453.jpg

川越市・舟塚古墳跡
マウンドはわずかに残っている印象。
d0355894_21352130.jpg
ふじみ野市・市立上福岡歴史民俗資料館
権現山遺跡等の出土物を展示しています。
d0355894_21372314.jpg

ふじみ野市・権現山古墳群
史跡公園になっている。
d0355894_21402800.jpg
ふじみ野市・ハケ遺跡古墳群跡
一年前位まで存在していたらしいが、現在は痕跡も無いほど宅地化されている。
記事を書いた時点(2017・7/22)ではグーグルマップの写真及びストリートビューでは遺跡の映像があり、タッチの差だった。
d0355894_21453463.jpg
川越市・岸町横穴墓群跡?
グーグルマップにて城南中学校南側を指しているので、気になって行ってみたが、グーグルマップで他の方が書き込んでいるとおり、急斜面はあるものの、横穴墓も看板も見当たらない。
d0355894_21485982.jpg
川越市・八雲神社古墳
d0355894_21513353.jpg
志木市・塚の山古墳
幸いオーナーさんの了解を得て宅地側からも撮影できたが、埼群古墳館紹介の看板、標注部分は現在公園入口となっており、存在が確認できなかった。
d0355894_21551790.jpg
 
川越市・たぬき山古墳
的場たぬき山公園内にあり、墳丘にたぬきの置物。微笑ましい。
d0355894_21575300.jpg
川越市・牛塚古墳
d0355894_22011246.jpg




[PR]
# by rokkou-minoru | 2017-07-22 22:01 | 古墳探訪記 | Comments(0)

輝く古墳

今回もビッグコミック2017No.14の「レインマン」を読んでの記事だが、残念ながら今回のビッグコミックの内容では「瀑・宗像・六甲の関東古墳考・2」は書け無さそうな上にあの方も退場のようである。
さりながら拙ブログと同じ方向の内容を描いていただいた星野先生には感謝しきりです。

今回の内容からでもフォローしたい古墳ネタがある。
「葺石を完全復元した古墳はSF」
「輝く古墳」
である。
森将軍塚古墳(長野)
d0355894_00273230.jpg

保渡田八幡塚古墳(群馬)
d0355894_00282720.jpg
府中熊野神社古墳(東京)

をご覧いただきながらお読みいただきたい。

「古墳がSF」というと先日も同僚が首をかしげていたが、
「スマホでこの古墳を検索してごらん」
と上記の古墳を示すとすぐに得心がいくようである。
こういう啓蒙をしていければなあ、というのが拙ブログ「シュタイブ!」の趣旨である。

神奈川県逗子市の長柄・桜山古墳群の説明会で聞いた話だが、
「小高い丘の上で白い葺石を敷いた古墳は夏のアスファルトの照り返し同様、晴れた昼間山の上で輝いていた筈である。」
街燈もない古墳時代、その存在はまわりに比べて眩い存在であったろう事は容易に想像でき、あらためてレインマンにてそれを紹介していただいた星野先生に更なるを感謝いたします。

[PR]
# by rokkou-minoru | 2017-07-11 00:30 | 星野之宣 | Comments(0)

 歴史、中生代、天体、厄災、美術品の筆致は相変わらずすごい描写に圧倒されますが、今回一番気になったのはp36付近のプロポーズのシーン。
自作マンガでも心理描写(キャラの表情)に悩んでいる最中ですが、このあたりの背景はほとんど白で、
「もしかしたら星野先生も表情に腐心している時は背景よりそちらに気がいくのか?」
と思えましたがどうなんだろう?
d0355894_12392012.jpg

[PR]
# by rokkou-minoru | 2017-06-30 12:39 | 星野之宣 | Comments(0)

尊敬してやまない星野之宣先生が現在ビッグコミックにて連載中の「レインマン」。
直接お話した訳ではないが、最近の流れはどうも拙ブログの応援に思えてならない。
一度そう思うと「単行本発売まで話題にするのは抑えよう」、「行く末を冷静に見守ろう」
と理性を働かそうとしてもどうにも抑えがきかない。
そういうわけで、痛いファンの思い込みに過ぎないかもしれないが、
2017年No.11,13ビッグコミック掲載時点のレインマンと私の古墳ライフのセッションを紹介。

事の始めは趣味で始めた関東の古墳巡り。
我ながら地味でマイナーだと始めたものの、15年も続いてだんだん知識が
増えてくると、関東の古墳も結構捨てたもんじゃないぞ!
と思えてくる。しかし書店に行けば古墳の本と言えば西日本が主流なのは半ば常識。
「ほんじゃあ私的に関東の古墳を紹介しよう」というのが当ブログ立ち上げの理由のひとつである。

そんな中ビッグコミックNo.11のレインマン。
d0355894_20091311.jpg
なんとコミック界の大御所が私と同じ趣旨を連載マンガに描きこんでる~!
これは否応なしにテンションが上がる!
千葉の前方後円墳の数なんてどうやって調べるのか私は知らないが
例えば下の千葉県市原市の文化財地図の一部だけ見ても確かに前方後円墳
が多いような気はする。
d0355894_20150254.jpg
更にはこの絵。
d0355894_20155034.jpg
d0355894_20165218.jpg
d0355894_20170181.jpg
いきなりかつて訪れた古墳の紹介!看板の古墳名は星神社古墳ではないが、
ネットでもこの古墳は普通に星神社古墳と紹介されている。

そしてNo.13
d0355894_20162029.jpg
d0355894_20325384.jpg
この絵にはかなり歓喜した!下の写真と見比べるとまるでマイカーが星野先生の
絵の中に入り込んでいるような錯覚を起こす。
d0355894_20334857.jpg
もう1基レインマンに登場する子子舞塚古墳。こちらの現状はかなり寂しい。
d0355894_20330771.jpg
こちらは名前が登場する栃木県宇都宮市の雷電山古墳。
しかしストーリーとは無関係のようである。実在の場所は墓地、レインマンでは住宅地。
レインマンでは東国最大で200m以上という設定だが、
太田天神山古墳を意識したフィクションと思われる。

今後まだまだ行った事がある古墳が登場するのか「2」が書けるのか、今後の展開が楽しみである。




[PR]
# by rokkou-minoru | 2017-06-26 20:45 | 星野之宣 | Comments(0)

山北町・水上古墳群跡?天社神社
削平されたという情報だったが一応寄ってみた。何も見当たらない。
灯篭脇の石は石室のものだろうか。
d0355894_01193123.jpg
山北町・南原古墳群
看板はあるが、墳丘は残っていても宅地に分断され見学はむずかしそうと地元の方から聞いた。
道の角に大きな石が寄せられているが、石室のものか。
d0355894_01232731.jpg
d0355894_01233808.jpg
南足柄市・善能古墳
福泉公園内。露出している石の規模を見ると石室だけでもかなりの大きさだったようだ。
d0355894_01260497.jpg
南足柄市・弘西寺苅畑3号墳
近くに「古墳通り」と書かれており、一瞬期待したが墳丘は通りでは確認できない。
この古墳も地元の方に案内されてわかった。通りから見にくい場所。
地元の方は「犬塚」と言っていた。
d0355894_01330515.jpg
d0355894_01332597.jpg
小田原市・物見塚古墳
みかん畑の中。前回見つけられず、リベンジ。
d0355894_01322288.jpg
小田原市郷土文化館
埼群古墳館で話題になった千代大藪古墳の情報収集に図書館共々小田原城敷地内にあるので寄った。
千代大藪古墳に関する情報はあまり集まらなかった。
久野2号墳出土物は見応えあり。
d0355894_01383183.jpg





[PR]
# by rokkou-minoru | 2017-06-24 01:39 | 古墳探訪記 | Comments(0)