記事が長くなりそうなので、1/19の記事を複数に分けます。
1回目は桜京古墳から新原・奴山古墳群より手前まで。

国指定史跡・桜京古墳
前方後円墳 墳頂39m、後円部径24m、後円部高6.4m、前方部長16m、前方部幅13.5m
後円部に複室横穴式石室 全長8.4m、後室天井高3.6m
宗像市唯一の装飾古墳。
今は石室は塞いでいて、年に一度カビ取り等整備を行っているとのこと。

説明板
通りに面しているため古墳に興味の無いタクシードライバーも
この古墳の存在は知っている。
d0355894_11073493.jpg
説明板の古墳分布図
d0355894_11100951.jpg
石室正面
国指定史跡で看板が地面にころがっているというのはいただけない。
d0355894_13391260.jpg
墳丘
前方部から後円部へ向けて撮影。
d0355894_13472214.jpg
国指定史跡・勝浦高原11号墳
前方後円墳 墳長49m、後円部径26m、前方部長23m、前方部幅16m
主体部 未調査

後円部
こちら側は地面に対して安定しているが、前方部側は今にも崩れそう。
d0355894_13525149.jpg
後円部から見た勝浦。立地ではこの辺りで一番高い台地上。
d0355894_13561551.jpg
前方部土留め1
墳丘上部を土嚢で補強。
d0355894_13572199.jpg
前方部土留め2
墳丘と脇の道が90度の関係では墳丘は不安定に見える。
d0355894_13585705.jpg
国指定史跡・勝浦峯ノ畑古墳
前方後円墳 墳頂100m、後円部径48m、前方部頂57m、前方部幅45m
後円部に単室横穴式石室、石室中軸上に天井石を支えるように2本の石柱。石室壁から天井まで赤い顔料が塗られていた。
2本の石柱が立てられている石室は国内には例が無く、朝鮮半島に類例がある。

遠景
左が後円部で右が前方部。後円部は道路で削られている。
d0355894_14105942.jpg
前方部から後円部へ向けて撮影。
d0355894_14132266.jpg
後円部墳頂から前方部
d0355894_14144378.jpg
国指定史跡・勝浦井ノ浦古墳
前方後円墳 墳長70m、後円部径37m、前方部長37m、前方部幅37m
前方部に竪穴系横口式石室、後円部未調査。内部前面に赤の顔料が塗られている。竪穴系横口式石室は加耶系の説あり。

遠景
d0355894_14213524.jpg
後円部葺石
d0355894_14215934.jpg
 
奴山玉ノ上古墳
墳丘から
古い資料に存在だけ書かれ、最近の資料に掲載されていない場所にマウンドが存在があったので
福津市教育委員会に問い合わせたところ、名前を教えてくれた。
全体的にこの辺りの古墳はそうだが、登るのに身の危険を感じる程急勾配の墳丘。
d0355894_14264383.jpg















# by rokkou-minoru | 2019-01-21 14:27 | 古墳探訪記 | Comments(0)

【お年玉プレゼントキャンペーン】 私の年末年始&新春の一枚2019!
拙ブログ「シュタイブ!」にお越しいただいた皆様、
昨年中は大変お世話様でした。

d0355894_00093956.jpg

下手の横好きで始めた「コミック・シュタイブ」は
第5トレンチ(後編)[最終回]を描き終え、現在関係各所に掲載の許可待ちです。

今年は新作に着手する予定ですが、「コミック・シュタイブ」も
数か月間謎のスランプになり完成が遅れましたのでどうなりますやら。

今年もよろしくお願い申し上げます。


# by rokkou-minoru | 2019-01-01 00:11 | コミック・シュタイブ | Comments(0)

宗像教授帰省録 第2報

星野先生がいらっしゃる1/20に整理券がいることが
「海の道むなかた館」HPに告知されていました。

http://searoad.city.munakata.lg.jp/u001/050/200/20181205165154.html

配布場所にはもちろんとても行けないので電話にて問い合わせたところ、
「フルネームと携帯電話の番号の事前申告で当日引き換えが出来る」
そうです。
私の分はこれで確保させていただきました。
当日いらっしゃる方にはこの手続きをお奨めいたします。

# by rokkou-minoru | 2018-12-08 13:34 | 星野之宣 | Comments(0)

「海帝01」ゲット!

「海帝01」単行本入手いたしました。
d0355894_15360790.jpg
d0355894_15362023.jpg
まだまだ導入部ですが、11/25の星野先生の爆弾発言、
「海帝の実態はブルーシティなんです。」
の一言でテンションはダダ上がり!船出を期待しております。

巻末に小学館の「宗像教授帰省録」に書いてあった2/28発売の
「海帝02」、「星野之宣短編集」の広告が出ていました。

短編集の収録予告
d0355894_15390278.jpg
「雷鳴」
「恐竜わんだーらんど」
(宗像教授による)「鄭和」解説・特別読切
「妖女伝説」下書き
「超新星メギド」etc…

とうとう来た!「恐竜わんだーらんど」掲載!
なるべくたくさん掲載して欲しいです!
科学考証無視でもいいからブルハスカヨサウルスも載せて欲しいです!

(宗像教授による)「鄭和」解説・特別読切
すでに「海帝01」に「宗像教授による『海帝』豆知識」は掲載済なので、
これのコミカライズかはたまたまるっきりの新作か?

「妖女伝説」下書き
先日二次会の怪獣酒場で世に出ていない絵を拝見させていただき
眼福でしたが、早くも次の眼福の期待が!
「海帝01」と同じサイズなのですかね。
こっちだけでももう少し大判にして欲しい…

# by rokkou-minoru | 2018-11-30 15:41 | 星野之宣 | Comments(0)

冒頭、司会の夏目房之介さん、ご本人の意向で16:00終了を16:30まで延長を申し出た事を発表。
諸星先生「ボク、何もしゃべらなくていいんですよね?」
と言われて、「いいんです!このお二人がいるだけで!私が一人で話を進めます!」
という会話を始まる前にしていたそう。
(以下、夏目、諸星、星野と敬称略)

【68年、ビッグコミック創刊時の両先生の印象】
星野「創刊時の印象はない。大物ばかりで続かないだろうと思った。しかし作家をしていていつかはクラウンに(ここで連載したいの意。以前オフ会でも同じ発言を聞いた。)と思った。」
諸星「以下同文で(笑)漫画雑誌は読まなかった。ジャンプは早稲田、ビッグコミックは東大という印象。」

【貸本時代】
(両先生とも貸本は読んでいないとの事)
星野「月刊誌の時代だった。関谷ひろしのストップ!兄ちゃんとか。」
諸星「お小遣いが無くて漫画雑誌もほとんど読んでいない。手塚一辺倒で横山光輝も読んでいない。アトムは描けるが鉄人は描けないほど。縁日で手塚の古本を買うとか。あとはロボット三等兵。」
夏目「私は今でも鉄人を描けます。模写で言うとどんな方を?」
星野「石森章太郎・にいちゃん戦車、桑田次郎・エイトマン、月光仮面。あと川崎のぼる、さいとうたかを。」

【初期作品】
[パワーポイントにて「ジュン子・恐喝」(諸星義影)表示]
(こちらで紹介されている画像)

http://bunji2.hatenablog.com/entry/2016/01/14/224131

星野「なんで義影なんですか?(笑)」
夏目「なんで作家名に括弧があるんですか?」
(とツッコミが入った後、)
夏目「当時、諸星さんの絵が特別暗かったわけではないんです。」
(と、同時代の他の作家さんの作品も表示。)

[次にパワーポイントに「巨人たちの伝説」の見開き表示]
d0355894_11212632.jpg

夏目「これを見た時絶望してグレました。大きな一枚絵に小さな絵を切り貼りするこんなコマ割りが出来るのは当時手塚、石森、星野少年くらい。」

【ニューウェーブ、大友克洋の登場】
夏目「大友克洋の登場をどう思いましたか?一時期の吉田秋生の絵、タカノフミヒコ(ネット検索したがヒットせず)は結構影響されていましたが。」
星野「かなわないと思った。自分はニューウエーブ前だと思っている。まったく持っていない物を持っている。」

【(影響を受けた)SF映画】
星野「2001年宇宙の旅は中学時代、体験に近いものだった。猿の惑星はわかりやすく、2001年-はわかりにくかった。でも当時は猿がはじめから英語をしゃべっていても普通の時代だった(笑)」
諸星「小遣いがなくてあまり観ていない。三本立てが多かった。」

【知り合う前のお互いについて】
[パワーポイントで2001夜物語の講釈師のページを開いて]
d0355894_11220465.jpg

夏目「星野さんのパロディは珍しいと思いますが、ここの他では?」
星野「無いと思います(笑)(85年スーパーアクション・スーパー鼎談で)初めて会ってなんか気安い気分で描いちゃった(笑)」」
夏目「お互い会う前の印象は?」
諸星「(星野先生に限らず当時作家さんには)会っていない人ばかり。」

【諸星・星野+手塚「スーパー鼎談について」】
(冒頭、一時諸星先生のアシスタントをしていた奥田さんに関してしばらく話が続いたがネットにアップ出来る内容ではないので割愛。)
諸星「(手塚先生を)尊敬していた。当初諸星・星野対談だったはずが、突然編集部が気をきかせて手塚先生を呼んだ。」
星野「手が震えた。手塚先生はいきなり変化球を投げる人で、『動物マンガ描いたらどう?』とか言われて『ええっ!』とか思ったり。」
夏目「わかります。私も当時新聞に描いてましたが、会っていきなり『どもどもども、読んでますよ。』とか、昔同人誌を送っていたんですが『覚えてます。』とか。」

【ニューウエーブの時代、売れていたにもかかわらず、お二人ともニューウエーブのカテゴリでは無かった事に関して】
星野「(自分は)ニューウエーブではない。活字と映像の間、大友との間だと思っている。映画をマンガにするんだとか。現代はアニメをマンガにしている時代だと思う。」
諸星「面倒くさいテーマ…(笑)」

【現在】
(経緯を忘れたが、夏目さんの「無責任」の発言に対して)
諸星「困ったな。いちいち描いたものに責任をとっていたら…」
星野「海帝は実在する鄭和という人物扱っているが、実態はブルーシティです。」

トークショーの報告は以上ですが、定員270名に対し、とある情報では応募者800名以上、各界著名人なども多数一般応募したという情報もあります。
私自身興味がわいたネット上の情報もいくつか貼り付けておきます。

当日の両先生
https://twitter.com/anayuko/status/1066705455269928960

夏目さんがいただいたという色紙
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2018/11/post_6328.html






# by rokkou-minoru | 2018-11-27 11:23 | 星野之宣 | Comments(0)