2017.9/30埼玉県川越市・山王塚古墳・発掘調査見学会

参加するのが3回目の見学会。今回で一区切りだそうだ。主体部まで発掘調査にまで及ばなかったのが残念である。

ギャラリー
d0355894_17182193.jpg
マイミクさんもおっしゃっていたが、雨の前回に比べ参加者は見た目で10倍。
こんなに古墳に感心のある方がいらっしゃるのを嬉しく思います。

資料表紙・過去3回分
d0355894_17211388.jpg
調査で新しくわかった事を元に表紙のイラストも更新しているそうで、今回の売りのひとつが一番下の下方部の縁。
この構造に造られているため、土の流出が抑えられ封土が保たれていたらしい。

調査部(石室前庭部)
d0355894_17251488.jpg
説明によると複数の種類の石材を使用している珍しい構造らしい。
上部に緑泥片岩、中部に川原石、底部に平らに敷き詰めるように緑泥片岩、安山岩をブロックのように石室側面に用いていたらしいが、
石材を盗掘される珍しいケースなので構造はわかりにくいらしい。
d0355894_19534309.jpg
出土した石のアップ。

受付でサンプルになっていた石材
d0355894_19552804.jpg
d0355894_19553830.jpg
資料みどころ
d0355894_19564798.jpg
過去3回分の資料。周堀の面積が調査のたび広がり、隣の山王塚西古墳に重ねるように造られたことがわかったそうだ。
説明されていた鴻ノ巣市の方が同じような事例を捜しているというので、
「東京都大田区・観音塚古墳がそうだと何かで読みましたよ。」
と言うとかなり興味を示していた。帰宅して見つけた資料がこれ。
d0355894_20013890.jpg
品川歴史館特別展「東京の古墳」ー品川にも古墳があったー
2005(平成17)年10月・編集:品川区立品川歴史館・発行:品川区教育委員会
P20
平成13年の調査で観音塚古墳の下に直径15m前後の円墳があり、田園調布赤坂古墳とされ、
写真右下の円筒埴輪はじめ出土品もあるそうです。







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rokkou-minoru | 2017-10-02 20:11 | 古墳探訪記 | Comments(0)