レインマン06に登場した雷電山古墳。
設定としては魅力的だがずっと星野先生創作の作り話だと思っていた。
関東甲信越専門の古墳巡りをもう15年もやっている私のアンテナに引っかからず、
増して太田天神山古墳を越える大きさの古墳など存在していれば
消滅していても東日本の歴史上無視出来ない存在だからである。

しかしまったく別ソースであんけんさんから存在の情報をいただいた。
航空写真で見ると以前から確かに前方後円墳の形をしている。

こうなっては真実であろうがなかろうが胸がざわつく。
星野ファンとしては聖地巡礼でもあり、今回の古墳巡りの重要な目的となった。

以下、宇都宮教育委員会の方から資料を見せていただいた後の経緯、個人的思考、聖地巡礼のあらましである。

「雷電山遺跡」調査報告書
d0355894_21002842.jpg
お会いする前から教育委員会の方と打ち合わせはしていたし、
先方も当然230mの古墳の噂は事前に知っていた。
それを踏まえて報告書を拝見し、結論は

「230mの前方後円墳の存在は否定的」

である。

この報告書の中に前方部に相当する場所から古墳時代の住居跡が出ている事が報告されている。
古墳時代の古墳は聖地で神聖不可侵あり、古墳以外の遺構を同じ場所に造るなど有り得ない。
このことは教育委員会の方も私も当然知っており、この事実を突きつけられてはもはや反論の余地はない。
まして当日私に対応してくださった方はこの調査の直接の担当者である。
d0355894_21070822.jpg
d0355894_21072412.jpg
これで現実に東日本に230mの前方後円墳の存在は否定されてしまったが、
星野ファンとしてはまだ「聖地巡礼」という楽しみ方が残っている。
ご存知ない方向けに簡単に初歩をレクチャーすると、
2017年11月4日発行の星野之宣・著「レインマン06」
d0355894_21143626.jpg
ここで栃木県宇都宮市E町に東国最大の古墳が存在した設定でストーリーが展開している。
d0355894_21185603.jpg
赤数字の部分のみフォローすると、
1・雷電山古墳
2・栃木県宇都宮市E町-
3・雷電山古墳なんてないの!雷電山という地名と祠があるらしいけど、ただの住宅街だわ…
4・かつてはあったんだ。確か全長200m以上…東国最大の前方後円墳だった。

E町は当然現地「江曽島」であろう。

さて実際の現地はどうだろうか?
「後円部相当部」とかを羅列するのは手間なので、以下フィクションではあるが、
前方部、後円部、くびれ部、マウンド等々通常の古墳同様の用語を使わせてもらう・

後円部北側・お社、参道、駐車場

後円部は土地利用が大きく二つに分断されていて、北側は主に駐車場である。
その中央線が参道となっていて、北部に雷電社、南に生垣に挟まれた幅2mの参道。
この写真と撮り方でも後円部北側ははるかにフレーム外にはみでている。
後円部半分でも驚くほど広い。
d0355894_21260601.jpg
後円部南側・宅地

後円部南側は1軒のお宅の敷地らしい。
面白いのは北側の参道と鳥居の間にフェンスがあり、鳥居をくぐって参道へ向かうのは不可能である。
d0355894_21374539.jpg
後円部南側を南から
前方部と後円部の間に車道がありそこから撮影。
先程の宅地および後円部半分がいかに広いかこの写真で伝わっただろうか。
d0355894_21420065.jpg
宅地の中央付近にマウンド?
d0355894_21454225.jpg
西側くびれ部
う~む、前方後円墳っぽい!
d0355894_21461941.jpg
西側水路
ここまでリアルに古墳っぽいとは!
d0355894_21471645.jpg
ひさごハイツ
この墳丘の西側くびれ下から前方部にかけて
「ひさごハイツ」というアパートが何棟も建っている。
ご存知の通り「ひさご」は瓢箪で、前方後円墳の名前になっている例は多数ある。
この台地は昔から「ひさご」形だと認識されているらしい。
d0355894_21514972.jpg
東側くびれ部
泣けてくるほど前方後円墳(汗)
d0355894_21522645.jpg
なんと東側にも水路!
d0355894_21534831.jpg
SUBARU従業員専用駐車場
次の古墳へ向かう途中見かけた。
なんとこんな部分まで星野調!レインマンを読んだ方はよくご存じだろうが、
おうし座はこの話の重要キーワードで「すばる」はおうし座の一部。
d0355894_21563850.jpg









[PR]
# by rokkou-minoru | 2018-10-19 21:57 | 星野之宣 | Comments(0)

宇都宮市・大塚神社古墳群
前日寄って報告するつもりだったが、2基目に疑問があり、再度朝一番に出かけた。
昨日は無人だったが、翌日朝は地元の方がゲードボールで集まっており話が聞けた。
写真中央が1号墳、左のお社は道路建設の時に移築した古墳だそうだ。
d0355894_15445815.jpg
宇都宮市・東谷古墳群
原古墳群1号墳
北関東自動車道の東際にある墓地。
d0355894_15192185.jpg
その2
d0355894_15194261.jpg
車塚古墳
原古墳群東の林の中にあり墳頂に祠も見えるが、ビビリの私は一人ではこういう場所には近づかない。
墳丘
d0355894_15232194.jpg
外周
農道が丸くよけている感じが文化財っぽい。
d0355894_15244414.jpg
小古墳と権現塚古墳
グーグルの航空写真でも右が大きく左が小さいのだが、現地では逆に見える。
右は文化財扱いで下草を除去したが、左は放置というタイミングだったのだろうか。
d0355894_15281688.jpg
松の塚古墳
d0355894_15293855.jpg
鶴舞塚古墳跡
埼群古墳館さんの情報によると家を中心としてこの範囲の畦の円形が周溝
ということだが、予想の直径は笹塚古墳の長さに匹敵する。
d0355894_15345079.jpg
笹塚古墳
この古墳を見れただけでも宇都宮に来て良かったと思える。
全体
d0355894_15361355.jpg
標柱、看板
d0355894_15364238.jpg
前方部から後円部。
d0355894_15372951.jpg
後円部から前方部
d0355894_15381598.jpg
双子塚
鳥居は平成30年建立
d0355894_15393090.jpg
上三川町・琴平塚古墳群
偶然カーナビの指示を間違えなっから立ち寄れなかった。
公園標柱
d0355894_16050717.jpg
墳丘
d0355894_16055905.jpg
公園の整地状態
周溝や東山道も表記しているようだ。
d0355894_16065687.jpg
古墳群説明板
d0355894_16084049.jpg
14号墳石棺・東から
d0355894_16092829.jpg
14号墳石棺・西から
d0355894_16101383.jpg
石棺説明板
d0355894_16103771.jpg




飯塚山古墳
石段が見えたが、その手前が荒れていて登っていないので祠の存在を確認できなかった。
d0355894_15512538.jpg
小原高尾神社古墳
雑木林状態の埼群古墳館さんアップの写真とだいぶイメージが違う。
d0355894_15545272.jpg
久部愛宕塚古墳
整備状態がいい。
d0355894_15474556.jpg
久部浅間山古墳
竹林の中に墳丘が見えるがまたビビッて入っていない。
d0355894_15493268.jpg
三日月神社古墳
d0355894_15590852.jpg




[PR]
# by rokkou-minoru | 2018-10-19 16:00 | 古墳探訪記 | Comments(0)

2018.10.17栃木県宇都宮市

稲荷古墳群
説明板
現場で柵で囲っているのは2基だが、ここには4基描いてある。
d0355894_21541957.jpg
1号墳
円墳
石室が開放されて下草に埋もれている状態。
d0355894_22092865.jpg
説明板
d0355894_22110761.jpg
2号墳
前方後円墳
きれいに残っている。
d0355894_22103319.jpg
説明板
d0355894_22120273.jpg
観音塚古墳
墳丘
田んぼの中
d0355894_22133565.jpg
墳丘上に千手観音の石仏
d0355894_22145079.jpg
愛宕塚(砥上神社)古墳
神社全景
d0355894_22164529.jpg
説明板
平成28年設置
d0355894_22194145.jpg
手書きの説明
d0355894_22232212.jpg
石室
現在は入口が塞がれている。
触る度胸が無かったので、見れたのは石室入口の天井板だけ。
d0355894_22260941.jpg
鶴塚古墳
墳丘
d0355894_22264524.jpg
参道
鳥居と思われる構造物が崩れたまま。「奉納」と書かれた石板に「鶴塚古墳」と書かれていいる。
d0355894_22295054.jpg
墳丘の祠
d0355894_22302458.jpg
亀塚古墳
d0355894_22311915.jpg
大山祇神社古墳
d0355894_22321365.jpg
下栗大塚古墳
道路案内
d0355894_22331824.jpg
墳丘
d0355894_22340483.jpg
説明板
d0355894_22342687.jpg
墳丘のお社
d0355894_22350716.jpg
通りの名前
「下栗大塚通り」となっている。
以前からこのあたりのランドマークらしい。
d0355894_22363983.jpg

[PR]
# by rokkou-minoru | 2018-10-17 22:36 | 古墳探訪記 | Comments(0)

スマホアプリ「ぐんま古墳探訪」からの情報です。

群馬古墳フェスタ2018
http://www.pref.gunma.jp/03/c42g_00021.html

第9回かみつけの里古墳祭り
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014010800046/

古墳フェスタには行くつもりで準備していましたが、続く17日から一泊二日で宇都宮の古墳巡りも予定しており、高崎はちょっと無理だなあ…

[PR]
# by rokkou-minoru | 2018-10-11 22:21 | 古墳探訪記 | Comments(0)

2018.10/6神奈川県伊勢原市

子易・中川原遺跡現場見学会
特異な形をした1号墳と2号墳を中心とした説明会に
あんけんさん、ぺんさん、桂甲の武人さんと参加したあと
伊勢原市の古墳を一日かけてまわりました。
地図で確認すると、すごろくみたいに一周まわったような移動だったんですね。
みなさまお疲れ様でした。群馬県安中市の簗瀬二子塚古墳以来の団体行動楽しかったです。

ぺんさま 資料をいただきありがとうございました。
あんけんさま カードありがとうございました。

それにも増して伊勢原市の案内ありがとうございました。

子易・中川原遺跡
1号墳
方墳というのが現時点での公式発表だが、底部は四角いものの、
封土が流れないように内側に配置している「墳丘内石列」というものは円形である。
周堀も浅く不定形な傾向だが主催者側でも「上円下方墳とは言うな!」
という状況らしく、調査中のこの古墳、最終的にどういう位置付けになるのか興味深い。
どういう結論に落ち着くのか楽しみである。

石室の大きさ、特異な構造(説明では秦野市の桜土手古墳は同様の構造だそうである。),
背景のロケーション等々よくご覧あれ。
当日は雲がかかって見えなかったが、大山も晴れるとここからよく見えるそうだ。


d0355894_23210769.jpg
石室
d0355894_23255437.jpg
2号墳
調査が進んでいるのは喜ばしいが、墳丘内石列が現在確認できないのが残念だった。
墳丘内石列があった頃の写真。
d0355894_23273815.jpg
現状東側
d0355894_23294001.jpg
カラーコーンのあたりが周濠らしい。
d0355894_23300224.jpg

御領原古墳群
(あんけんさん、ご指摘ありがとうございました。)
その1
d0355894_23420646.jpg
その2
d0355894_23424570.jpg
その3
柿の枝の下に石が露出した墳丘がある。
d0355894_23453397.jpg
野首古墳1号墳、2号墳(御領原古墳群内)
2号墳があることは今回はじめて知った。
1号墳
墳丘
d0355894_00154720.jpg
近づくと石が露出しているが、あんけんさまに聞くまで気付かなかった。
d0355894_00175448.jpg
2号墳
d0355894_00181646.jpg
三ノ宮古墳群跡
3号墳跡
三ノ宮神社に移設保存されている石室の元の場所。
東名高速道路で消滅した。
d0355894_00203277.jpg
5号墳跡
アパート敷地に大きな石がゴロゴロしている。
d0355894_00211572.jpg
神戸・上宿遺跡
その1
d0355894_00224990.jpg
その2
d0355894_00231070.jpg
その3
d0355894_00233601.jpg
伊勢原市No.240遺跡
d0355894_00254342.jpg
化粧塚
道路沿い。前方後円墳にも見える。
d0355894_00264857.jpg
登尾山古墳
ビギナーの頃たどり着けなかった古墳。
ここに来れただけでもみなさんに感謝!
d0355894_00283258.jpg
熊に注意!
神奈川県にも熊が出るんですねえ。気を付けないと。
d0355894_00295964.jpg
上原田古墳群
少なくとも2基は存在するらしい。
その1
d0355894_00305467.jpg
その2
d0355894_00314754.jpg
三ノ宮郷土博物館
テンションの上昇もあって寄らないわけにはいくまい(笑)
d0355894_00331674.jpg
松山古墳
神奈川の古墳散歩の表紙にも登場するロケーションばっちりの古墳。
d0355894_00342656.jpg
心敬塚古墳
遠景
松山古墳方向から
d0355894_00353126.jpg
近景
d0355894_00355702.jpg
心敬塚古墳陪塚?
あんけんさまによると、心敬塚古墳のある台地のやや低いところに
以前から航空写真に写っており、石も見えている。
d0355894_00374962.jpg










[PR]
# by rokkou-minoru | 2018-10-11 00:38 | 古墳探訪記 | Comments(0)