カテゴリ:星野之宣( 29 )

宗像教授帰省録 第2報

星野先生がいらっしゃる1/20に整理券がいることが
「海の道むなかた館」HPに告知されていました。

http://searoad.city.munakata.lg.jp/u001/050/200/20181205165154.html

配布場所にはもちろんとても行けないので電話にて問い合わせたところ、
「フルネームと携帯電話の番号の事前申告で当日引き換えが出来る」
そうです。
私の分はこれで確保させていただきました。
当日いらっしゃる方にはこの手続きをお奨めいたします。

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-12-08 13:34 | 星野之宣 | Comments(0)

「海帝01」ゲット!

「海帝01」単行本入手いたしました。
d0355894_15360790.jpg
d0355894_15362023.jpg
まだまだ導入部ですが、11/25の星野先生の爆弾発言、
「海帝の実態はブルーシティなんです。」
の一言でテンションはダダ上がり!船出を期待しております。

巻末に小学館の「宗像教授帰省録」に書いてあった2/28発売の
「海帝02」、「星野之宣短編集」の広告が出ていました。

短編集の収録予告
d0355894_15390278.jpg
「雷鳴」
「恐竜わんだーらんど」
(宗像教授による)「鄭和」解説・特別読切
「妖女伝説」下書き
「超新星メギド」etc…

とうとう来た!「恐竜わんだーらんど」掲載!
なるべくたくさん掲載して欲しいです!
科学考証無視でもいいからブルハスカヨサウルスも載せて欲しいです!

(宗像教授による)「鄭和」解説・特別読切
すでに「海帝01」に「宗像教授による『海帝』豆知識」は掲載済なので、
これのコミカライズかはたまたまるっきりの新作か?

「妖女伝説」下書き
先日二次会の怪獣酒場で世に出ていない絵を拝見させていただき
眼福でしたが、早くも次の眼福の期待が!
「海帝01」と同じサイズなのですかね。
こっちだけでももう少し大判にして欲しい…

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-11-30 15:41 | 星野之宣 | Comments(0)

冒頭、司会の夏目房之介さん、ご本人の意向で16:00終了を16:30まで延長を申し出た事を発表。
諸星先生「ボク、何もしゃべらなくていいんですよね?」
と言われて、「いいんです!このお二人がいるだけで!私が一人で話を進めます!」
という会話を始まる前にしていたそう。
(以下、夏目、諸星、星野と敬称略)

【68年、ビッグコミック創刊時の両先生の印象】
星野「創刊時の印象はない。大物ばかりで続かないだろうと思った。しかし作家をしていていつかはクラウンに(ここで連載したいの意。以前オフ会でも同じ発言を聞いた。)と思った。」
諸星「以下同文で(笑)漫画雑誌は読まなかった。ジャンプは早稲田、ビッグコミックは東大という印象。」

【貸本時代】
(両先生とも貸本は読んでいないとの事)
星野「月刊誌の時代だった。関谷ひろしのストップ!兄ちゃんとか。」
諸星「お小遣いが無くて漫画雑誌もほとんど読んでいない。手塚一辺倒で横山光輝も読んでいない。アトムは描けるが鉄人は描けないほど。縁日で手塚の古本を買うとか。あとはロボット三等兵。」
夏目「私は今でも鉄人を描けます。模写で言うとどんな方を?」
星野「石森章太郎・にいちゃん戦車、桑田次郎・エイトマン、月光仮面。あと川崎のぼる、さいとうたかを。」

【初期作品】
[パワーポイントにて「ジュン子・恐喝」(諸星義影)表示]
(こちらで紹介されている画像)

http://bunji2.hatenablog.com/entry/2016/01/14/224131

星野「なんで義影なんですか?(笑)」
夏目「なんで作家名に括弧があるんですか?」
(とツッコミが入った後、)
夏目「当時、諸星さんの絵が特別暗かったわけではないんです。」
(と、同時代の他の作家さんの作品も表示。)

[次にパワーポイントに「巨人たちの伝説」の見開き表示]
d0355894_11212632.jpg

夏目「これを見た時絶望してグレました。大きな一枚絵に小さな絵を切り貼りするこんなコマ割りが出来るのは当時手塚、石森、星野少年くらい。」

【ニューウェーブ、大友克洋の登場】
夏目「大友克洋の登場をどう思いましたか?一時期の吉田秋生の絵、タカノフミヒコ(ネット検索したがヒットせず)は結構影響されていましたが。」
星野「かなわないと思った。自分はニューウエーブ前だと思っている。まったく持っていない物を持っている。」

【(影響を受けた)SF映画】
星野「2001年宇宙の旅は中学時代、体験に近いものだった。猿の惑星はわかりやすく、2001年-はわかりにくかった。でも当時は猿がはじめから英語をしゃべっていても普通の時代だった(笑)」
諸星「小遣いがなくてあまり観ていない。三本立てが多かった。」

【知り合う前のお互いについて】
[パワーポイントで2001夜物語の講釈師のページを開いて]
d0355894_11220465.jpg

夏目「星野さんのパロディは珍しいと思いますが、ここの他では?」
星野「無いと思います(笑)(85年スーパーアクション・スーパー鼎談で)初めて会ってなんか気安い気分で描いちゃった(笑)」」
夏目「お互い会う前の印象は?」
諸星「(星野先生に限らず当時作家さんには)会っていない人ばかり。」

【諸星・星野+手塚「スーパー鼎談について」】
(冒頭、一時諸星先生のアシスタントをしていた奥田さんに関してしばらく話が続いたがネットにアップ出来る内容ではないので割愛。)
諸星「(手塚先生を)尊敬していた。当初諸星・星野対談だったはずが、突然編集部が気をきかせて手塚先生を呼んだ。」
星野「手が震えた。手塚先生はいきなり変化球を投げる人で、『動物マンガ描いたらどう?』とか言われて『ええっ!』とか思ったり。」
夏目「わかります。私も当時新聞に描いてましたが、会っていきなり『どもどもども、読んでますよ。』とか、昔同人誌を送っていたんですが『覚えてます。』とか。」

【ニューウエーブの時代、売れていたにもかかわらず、お二人ともニューウエーブのカテゴリでは無かった事に関して】
星野「(自分は)ニューウエーブではない。活字と映像の間、大友との間だと思っている。映画をマンガにするんだとか。現代はアニメをマンガにしている時代だと思う。」
諸星「面倒くさいテーマ…(笑)」

【現在】
(経緯を忘れたが、夏目さんの「無責任」の発言に対して)
諸星「困ったな。いちいち描いたものに責任をとっていたら…」
星野「海帝は実在する鄭和という人物扱っているが、実態はブルーシティです。」

トークショーの報告は以上ですが、定員270名に対し、とある情報では応募者800名以上、各界著名人なども多数一般応募したという情報もあります。
私自身興味がわいたネット上の情報もいくつか貼り付けておきます。

当日の両先生
https://twitter.com/anayuko/status/1066705455269928960

夏目さんがいただいたという色紙
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2018/11/post_6328.html






[PR]
by rokkou-minoru | 2018-11-27 11:23 | 星野之宣 | Comments(0)

星野先生の自選短篇集出版計画で支援を呼びかけているところがあります。

https://www.makuake.com/project/mangatrix-h/

15,000円コースの「パチカード」という商品と
20,000円コースの「高精細アクリル密着仕上げ」という商品が
実行者さんに見た目が似ていたので問い合わせたところ、
「製品としては異なるが、絵は同じ。」
という事でした。

いくつかのコースに支援しました。
実現にこぎ着けるといいな♪

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-11-16 20:45 | 星野之宣 | Comments(0)

星野之宣メーリングリストオフ会下準備で川崎市民ミュージアムまで出かけ、
招待券を利用してまずは「ゴルゴ13」の展示を観てきました。
「ビッグコミック50周年展」の報告は25日以降になると思います。
そういう訳で今回は売店まで101.png

ミュージアム入口

d0355894_21384916.jpg
あるある♪
d0355894_21392974.jpg
申し訳ありませんが、拙ブログは古墳以外では
星野之宣先生だけしか扱わないので「ゴルゴ13」は割愛させていただいて、
をを!トークイベントのポスターもあるぞー!
当選するといいな…
d0355894_21423198.jpg
売店にて。
一見「海帝」グッズは無いように見えたが…
商品のタグを見たら「ポストカードB]がそれだった!
d0355894_21454391.jpg
見本をめくってみたらあったあった!
d0355894_21462871.jpg
「ポストカードB]の包みは一番前が全部
「BLUE GIANT SUPREME」だったので見落とすところだった!
ちょっとくやしかったので見本は「海帝」を前に出して帰宅した101.png
d0355894_21520346.jpg




[PR]
by rokkou-minoru | 2018-11-15 21:52 | 星野之宣 | Comments(0)

ツキ過ぎていて怖いくらいですが、ビッグコミック21号の
プレゼントにまで当選しました!
車には気をつけよう(汗)
d0355894_17464914.jpg

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-11-13 17:47 | 星野之宣 | Comments(0)

福岡・海の道むなかた館にて特別展「漫画×考古学『宗像教授帰省録』」開催決定!!


https://comics.shogakukan.co.jp/news/14640

小学館のコミックの発売日も載っていました
>なお、『海帝』第2集&7年ぶりとなる『星野之宣短編集』が2019年2月28日頃に発売予定。


イベントのひとつ「歴史イラストコンテスト」に参加したいなあ…
私がコミックを描けるようになったのも星野先生の作品を雑誌の読者コーナーに投稿していたのが始まりだし…

http://searoad.city.munakata.lg.jp/u001/050/200/20181027091653.html

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-11-05 22:06 | 星野之宣 | Comments(0)

d0355894_21445382.jpg
1名限定では当たる訳もなかろうとすっかり忘れていた
週刊少年ジャンプ50号周年歴代漫画家直筆サイン色紙
「7・ブルーシティ 星野之宣先生」
が本日届きました!

うぉ~!大感激!!
私一人で堪能しては申し訳ないので公開します。
星野先生に極力ご迷惑がかからないよう、またブログ管理人の責任として
オリジナルを汚して公開した点はご容赦お願い申し上げます。





[PR]
by rokkou-minoru | 2018-10-26 21:42 | 星野之宣 | Comments(8)

アマゾンに情報がでていました。


最近の星野先生にしては値段がリーズナブルに思えるのでしょうが、どうでしょうか?

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-10-21 22:24 | 星野之宣 | Comments(0)

レインマン06に登場した雷電山古墳。
設定としては魅力的だがずっと星野先生創作の作り話だと思っていた。
関東甲信越専門の古墳巡りをもう15年もやっている私のアンテナに引っかからず、
増して太田天神山古墳を越える大きさの古墳など存在していれば
消滅していても東日本の歴史上無視出来ない存在だからである。

しかしまったく別ソースであんけんさんから存在の情報をいただいた。
航空写真で見ると以前から確かに前方後円墳の形をしている。

こうなっては真実であろうがなかろうが胸がざわつく。
星野ファンとしては聖地巡礼でもあり、今回の古墳巡りの重要な目的となった。

以下、宇都宮教育委員会の方から資料を見せていただいた後の経緯、個人的思考、聖地巡礼のあらましである。

「雷電山遺跡」調査報告書
d0355894_21002842.jpg
お会いする前から教育委員会の方と打ち合わせはしていたし、
先方も当然230mの古墳の噂は事前に知っていた。
それを踏まえて報告書を拝見し、結論は

「230mの前方後円墳の存在は否定的」

である。

この報告書の中に前方部に相当する場所から古墳時代の住居跡が出ている事が報告されている。
古墳時代の古墳は聖地で神聖不可侵あり、古墳以外の遺構を同じ場所に造るなど有り得ない。
このことは教育委員会の方も私も当然知っており、この事実を突きつけられてはもはや反論の余地はない。
まして当日私に対応してくださった方はこの調査の直接の担当者である。
d0355894_21070822.jpg
d0355894_21072412.jpg
これで現実に東日本に230mの前方後円墳の存在は否定されてしまったが、
星野ファンとしてはまだ「聖地巡礼」という楽しみ方が残っている。
ご存知ない方向けに簡単に初歩をレクチャーすると、
2017年11月4日発行の星野之宣・著「レインマン06」
d0355894_21143626.jpg
ここで栃木県宇都宮市E町に東国最大の古墳が存在した設定でストーリーが展開している。
d0355894_21185603.jpg
赤数字の部分のみフォローすると、
1・雷電山古墳
2・栃木県宇都宮市E町-
3・雷電山古墳なんてないの!雷電山という地名と祠があるらしいけど、ただの住宅街だわ…
4・かつてはあったんだ。確か全長200m以上…東国最大の前方後円墳だった。

E町は当然現地「江曽島」であろう。

さて実際の現地はどうだろうか?
「後円部相当部」とかを羅列するのは手間なので、以下フィクションではあるが、
前方部、後円部、くびれ部、マウンド等々通常の古墳同様の用語を使わせてもらう・

後円部北側・お社、参道、駐車場

後円部は土地利用が大きく二つに分断されていて、北側は主に駐車場である。
その中央線が参道となっていて、北部に雷電社、南に生垣に挟まれた幅2mの参道。
この写真と撮り方でも後円部北側ははるかにフレーム外にはみでている。
後円部半分でも驚くほど広い。
d0355894_21260601.jpg
後円部南側・宅地

後円部南側は1軒のお宅の敷地らしい。
面白いのは北側の参道と鳥居の間にフェンスがあり、鳥居をくぐって参道へ向かうのは不可能である。
d0355894_21374539.jpg
後円部南側を南から
前方部と後円部の間に車道がありそこから撮影。
先程の宅地および後円部半分がいかに広いかこの写真で伝わっただろうか。
d0355894_21420065.jpg
宅地の中央付近にマウンド?
d0355894_21454225.jpg
西側くびれ部
う~む、前方後円墳っぽい!
d0355894_21461941.jpg
西側水路
ここまでリアルに古墳っぽいとは!
d0355894_21471645.jpg
ひさごハイツ
この墳丘の西側くびれ下から前方部にかけて
「ひさごハイツ」というアパートが何棟も建っている。
ご存知の通り「ひさご」は瓢箪で、前方後円墳の名前になっている例は多数ある。
この台地は昔から「ひさご」形だと認識されているらしい。
d0355894_21514972.jpg
東側くびれ部
泣けてくるほど前方後円墳(汗)
d0355894_21522645.jpg
なんと東側にも水路!
d0355894_21534831.jpg
SUBARU従業員専用駐車場
次の古墳へ向かう途中見かけた。
なんとこんな部分まで星野調!レインマンを読んだ方はよくご存じだろうが、
おうし座はこの話の重要キーワードで「すばる」はおうし座の一部。
d0355894_21563850.jpg









[PR]
by rokkou-minoru | 2018-10-19 21:57 | 星野之宣 | Comments(0)