星野之宣新連載!!!

ビッグコミック13号に新連載の予告が出ていました。
「海帝」
時は600年前
大航海時代以前に
世界を渡った男がいた。

その名は「鄭和」。

どこで生まれて、
どこへゆくのか、
未知なる世界へ
帆を揚げ、舵を取る。

未だ
誰も見たことのない
”海洋冒険ロマン”
巻頭カラーで堂々開幕!!

「ビッグコミック50周年展 京都国際マンガミュージアムで絶賛開催中!!」
の宣伝も出ています。


[PR]
by rokkou-minoru | 2018-06-24 07:30 | 星野之宣 | Comments(0)

複製原画「白き翼」

株式会社会社ぽけまん、株式会社アースドラゴンショップにて限定40枚発売の星野之宣先生の複製原画「白き翼」本日入手いたしました。
認定証エディションナンバーは驚きの1/40!
星野先生、ぽけまんさん、アースドラゴンショップさん、良い買い物をさせていただきありがとうございました。
d0355894_06472320.jpg
d0355894_06474202.jpg




株式会社ぽけまん 複製原画特設ページ
http://pokeman.jp/illustration_shop_lp




[PR]
by rokkou-minoru | 2018-06-14 12:25 | 星野之宣 | Comments(2)

前橋市の古墳と高崎市観音塚考古資料館の企画展示へ行ってきました。
桐生市の三ツ塚古墳の1基が残っている記述が群馬県古墳総覧・桐生市17に
あったので見てきましたが、住宅街でよくわかりませんでした。

2018.6/9
群馬県古墳総覧・前橋市1385・荒砥村296号古墳
墳丘
不明表示だが、図示されている場所にある。
「女堀の堤か」と書かれているが、女堀からは距離がある。
荒砥村295号古墳への記載内容の誤記?

d0355894_07372778.jpg
葺石?これだけ条件がそろっていれば古墳だと思うが。
d0355894_07393712.jpg
群馬県古墳総覧・前橋市1384・荒砥村295号古墳(金比羅山)
これも不明表示になっているが、図示の位置に存在している。
女堀の堤に近い。
d0355894_07510517.jpg
群馬県古墳総覧・前橋市1383・荒砥村294号古墳(筑波山)
図示の位置にあるが不明、表示。
近世塚との情報もあるが、発掘調査(有、半堀)とある。
標柱は見当たらなかった。
d0355894_07582591.jpg
群馬県古墳総覧・前橋市1381・荒砥村292号古墳
遠景
d0355894_08032684.jpg
南側
d0355894_08040253.jpg
西側コンクリートブロックで土留めされている。
d0355894_08042321.jpg
群馬県古墳総覧・前橋市1380・荒砥村291号古墳
d0355894_08064143.jpg
群馬県古墳総覧・前橋市1365・荒砥村276号古墳(文殊山)
d0355894_08114440.jpg
群馬県古墳総覧・前橋市349・今井神社古墳・荒砥村301号古墳
墳丘
後円部に今井神社のお社、前方部に北向観音のお社がある。
d0355894_08140802.jpg
看板
d0355894_08160567.jpg
石室石材
赤で囲った部分が気になる。
円筒埴輪が落ちてバラバラになり、破片をひとつふたつ
拾い上げたように見えるが?
d0355894_08174557.jpg
由緒・沿革
明確に古墳と記載されている。
d0355894_08205232.jpg
群馬県古墳総覧・前橋市1127・木瀬村7号古墳
墳丘
d0355894_08234944.jpg
看板
古墳と明記され、鏡の出土の記述もある。
d0355894_08241394.jpg
群馬県古墳総覧・前橋市157・おとうか山古墳・荒砥村344号古墳
発掘調査・周堀、土師器とある。
標柱
これを「おとうか山」と読むのは意外だったが、
なるほどそう読むと読めないことはない。
d0355894_08282206.jpg
墳丘
d0355894_08295555.jpg
2018.6/10
群馬県古墳総覧・玉村町191・玉村町第15号古墳
玉村町歴史資料館移築
群馬県古墳総覧の図示は元の位置。移築後の図示は無し。
遠景
d0355894_08571572.jpg
石室
d0355894_08574530.jpg
看板
d0355894_08580059.jpg
高崎市観音塚考古資料館・企画展示「昔を語る多胡の古墳」
1・旧吉井町の古墳時代
2・片山1号墳
3・中原Ⅱ遺跡1号墳
4・安坪古墳群
5・多胡ー東シメ木遺跡
を中心とした展示
d0355894_09065146.jpg




[PR]
by rokkou-minoru | 2018-06-11 09:09 | 古墳探訪記 | Comments(0)