韮崎市民俗資料館

「桜と桃と古墳2018」で山梨県韮崎市民俗資料館で下調べしようと立ち寄ったところ、
大英博物館にて星野之宣先生の特別展とコラボ企画だった土偶展に展示された
土偶2点の現物がこちらで展示されておりました。
d0355894_14442744.jpg
d0355894_14452345.jpg
余談ですが、ここで「花子とアン」のロケセットも見学できるらしいです。
d0355894_14473930.jpg

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-04-06 14:48 | 星野之宣 | Comments(0)

銀河英雄伝説事典

創元SF文庫から出た「銀河英雄伝説事典」のカバーイラストが星野之宣先生です。
帯が表紙の半分以上を覆っているので星野先生のイラストをご覧になりたい方は
帯を外してご覧ください。
写真左・帯あり、写真右・帯なし
d0355894_13040859.jpg

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-03-22 13:05 | 星野之宣 | Comments(0)

2018.3/15熊本県・福岡県

熊本県・清原古墳群と福岡県・王塚古墳へ行きました。
清原古墳群
江田船山古墳
d0355894_17473801.jpg
銀象嵌太刀出土で有名。埋葬施設も見学できる。

京塚古墳
d0355894_17490153.jpg
虚空蔵古墳
d0355894_17500426.jpg
塚坊主古墳
d0355894_17504353.jpg
松坂古墳
d0355894_17510875.jpg
江田船山古墳公園の古墳はきれいに整備されているが、公園外のこの古墳は荒れている。

トンカラリン
d0355894_13105807.jpg
松坂古墳とトンカラリンは星野先生の「宗像教授異考録第6集・黄泉醜女」にも登場しています。


福岡県・王塚古墳
墳丘
d0355894_17524133.jpg
王塚装飾古墳館
d0355894_17532462.jpg
レプリカの石室の他、他の装飾古墳の石室の展示等



[PR]
by rokkou-minoru | 2018-03-15 17:54 | 古墳探訪記 | Comments(0)

レインマン07

入手いたしました。
加筆部分すごいです。
壮大すぎる上にフィクションのコミックを読んでいるというよりは、
ありとあらゆる学問の集大成の教科書でも読んでいるような感覚で、
入手直後では自分で内容が出来ているのかいないのか、脳内量子状態ですが、
最大級のスケールの大きい作品であることは保証できます!
d0355894_13443519.jpg

[PR]
by rokkou-minoru | 2018-02-23 13:45 | 星野之宣 | Comments(0)

こちらの本の作例に星野先生の国辱漫画から2枚が掲載されています。
d0355894_20124394.jpg
サイトの作家紹介欄にはポケマンが紹介されています。
それにしてもこの上條淳士先生の表紙イラスト、レインマンの瀑にしか見えない(汗)


[PR]
by rokkou-minoru | 2018-02-03 20:16 | 星野之宣 | Comments(0)

今週に入ってからブログアクセスがうなぎ登りで、ご来訪ありがとうございます。
大した記事を書いたわけでもないので、もしやレインマン最終回に関する記事への期待なのかな、と遅まきながら感想を書かせていただきます。

驚きの急展開でしたね。
瀑の世界が滅びるという刷り込みの中読んでいたので、この結末は想像しておりませんでした。
昼の帯ドラマがこじれた展開でどうやったらこの話はまとまるのだろう?と思っていたら、ライバルが最後不治の病にかかり、ヒロインに「あの人をお願い」と言って息をひきとるシーンを思い出しました。

隕石に顔が描かれている演出は星野先生らしいですね。

最後に書かれていた第7集のエピローグ16頁には何が描かれているのか今から楽しみですね。
以前2ちゃんねるで見かけた発言、
「タキ、レンと来れば次にタロウが登場する。わしはそうにらんでおる。」
とかだと私もうれしいのですが(笑)


[PR]
by rokkou-minoru | 2018-01-26 14:12 | 星野之宣 | Comments(0)

レインマン06

星野之宣先生の最新単行本「レインマン06」が出ました。
今回は関東の古墳が多数登場しています。
過去の記事、
聖地・雨宮坐日吉神社」、「輝く古墳」、「瀑・宗像・六甲の関東古墳考1
ともリンクしています。
関東の古墳ファンにもぜひご覧になっていただきたい一冊です。
宗像教授も作中と帯に出て来ます
d0355894_14520510.jpg





[PR]
by rokkou-minoru | 2017-10-30 14:53 | 星野之宣 | Comments(0)

聖地・雨宮坐日吉神社

今回長野県長野市・千曲市を目的地にしたのはカテゴリ・コミック「シュタイブ」の取材だったのだが、ビッグコミックNo.16「レインマン」に登場した雨宮坐日吉神社が千曲市の神社だったので久々に聖地巡礼162.png

鳥居の神社名
d0355894_19334014.jpg
左の写真も解像度を低くしているので分かりにくいかも知れないが両端の金の模様は龍である。
星野先生が資料にした写真も解像度が低かったのか、ハッキリ龍と認識して描いているか不明瞭である。

社殿
d0355894_19364495.jpg
d0355894_19370116.jpg
社殿そのものは精緻に描かれているが、その他にはアドリブが入っているようである。

鳥居
d0355894_19390640.jpg
d0355894_19393178.jpg
こちらはもっと手前で撮影した資料なのか、右手の建造物が割愛されているようである。
当日は午後は雲に覆われ風が吹き続けていたせいか、雲の感じも両者よく似ている。



[PR]
by rokkou-minoru | 2017-08-30 19:42 | 星野之宣 | Comments(0)

輝く古墳

今回もビッグコミック2017No.14の「レインマン」を読んでの記事だが、残念ながら今回のビッグコミックの内容では「瀑・宗像・六甲の関東古墳考・2」は書け無さそうな上にあの方も退場のようである。
さりながら拙ブログと同じ方向の内容を描いていただいた星野先生には感謝しきりです。

今回の内容からでもフォローしたい古墳ネタがある。
「葺石を完全復元した古墳はSF」
「輝く古墳」
である。
森将軍塚古墳(長野)
d0355894_00273230.jpg

保渡田八幡塚古墳(群馬)
d0355894_00282720.jpg
府中熊野神社古墳(東京)

をご覧いただきながらお読みいただきたい。

「古墳がSF」というと先日も同僚が首をかしげていたが、
「スマホでこの古墳を検索してごらん」
と上記の古墳を示すとすぐに得心がいくようである。
こういう啓蒙をしていければなあ、というのが拙ブログ「シュタイブ!」の趣旨である。

神奈川県逗子市の長柄・桜山古墳群の説明会で聞いた話だが、
「小高い丘の上で白い葺石を敷いた古墳は夏のアスファルトの照り返し同様、晴れた昼間山の上で輝いていた筈である。」
街燈もない古墳時代、その存在はまわりに比べて眩い存在であったろう事は容易に想像でき、あらためてレインマンにてそれを紹介していただいた星野先生に更なるを感謝いたします。

[PR]
by rokkou-minoru | 2017-07-11 00:30 | 星野之宣 | Comments(0)

 歴史、中生代、天体、厄災、美術品の筆致は相変わらずすごい描写に圧倒されますが、今回一番気になったのはp36付近のプロポーズのシーン。
自作マンガでも心理描写(キャラの表情)に悩んでいる最中ですが、このあたりの背景はほとんど白で、
「もしかしたら星野先生も表情に腐心している時は背景よりそちらに気がいくのか?」
と思えましたがどうなんだろう?
d0355894_12392012.jpg

[PR]
by rokkou-minoru | 2017-06-30 12:39 | 星野之宣 | Comments(0)